ホーム>屋根・壁リフォーム

屋根・壁リフォーム

屋根リフォーム

屋根リフォーム

細かな屋根診断で屋根の状況をしっかりと把握し、異常がないのか、修理で良いのかを的確に判断をいたします。
雨漏りする前に的確な屋根工事でお客様の大切なお住まいを守ります。
私達が営業を行っている主要エリアである長野県上田市には瓦屋根を使った家も多く、これまで多くの瓦屋根工事を手掛けてまいりました。
瓦屋根に関しましても、これまでのノウハウや経験を生かし、お客様のご自宅一件一件にあった屋根リフォームをご提案いたします。

屋根リフォーム
屋根リフォーム
屋根リフォーム
屋根リフォーム施工事例

まずはお気軽にお問い合わせください

外壁リフォーム

外壁リフォーム

外壁塗装・屋根塗装の必要性

塗装の本来の目的

塗装の本来の目的

基本的なことですが、とても大切なことです。
建物は日々雨や、紫外線、排気ガスなどに汚され傷つけられています。
塗装をきちんとして、定期的なメンテナンスを行なわないと、結果的に大事な建物に住めなくなってしまう恐れも大いにあります。

外壁塗装はもちろん外観をキレイに保つ(美観)目的がありますが、実は塗装工事の本来の目的は、
「建物の寿命の伸ばす」「二次被害を防ぐ」、この2点です!

塗装を軽視してしまうと、外壁のひび割れや塗膜の劣化により、外壁や屋根から雨水が入り、大事な柱が腐ったり、シロアリの巣になったりと、二次被害の恐れが高まります。

簡単な建物のチェックポイントをご案内致しますので、塗装のタイミングの参考にしていただければ幸いです。

建物のチェックポイント

外壁塗り替えのサイン

  • ツヤが無くなってきた
  • 色が褪せてきた
  • 触ると手に粉が付く
  • 汚れやひび割れ
  • 剥がれが目立つ
外壁塗り替えのサイン
外壁塗り替えのサイン

モルタル外壁にヒビが目立つ、またカビがはえている際は外壁の塗り替えのタイミングです。
また、サイディング外壁に手で触って白い粉がつく場合、それは表面塗膜(チョーキング)なので、塗替えのタイミングと考えます。

屋根の塗り替えのサイン

  • 屋根が白っぽくなっている
  • カビやコケがはえてきた
  • 錆が出てきた
屋根の塗り替えのサイン
屋根の塗り替えのサイン

セメント瓦屋根が白っぽくなっている、コロニアル屋根にサビがある場合は屋根の塗り替えが急務です。

環境に合った塗装

環境に合った塗装

塗料によって性能、耐久年数に違いがあります。

外壁塗装に用いる塗料には様々な種類があり、その1つ1つに特徴があります。
『じゃあ何を基準に選べば良いか』となりますよね。建物の状況や現状の悩み、今後の計画や経済性など多くの基準がありますが、家を長持ちさせるには「耐久性」が高い塗料を使うのが一番の近道です。
詳しくは下記の表をご覧下さい。

ピュアアクリル(耐久性の目安 約10年~)

特徴 高耐久性でありながら、防水に必要な高弾性を有している非常に優れた塗料。
デメリット トータルメリットは大きいが、コストは高め。
純度の高い樹脂を使用した水性塗料の為、冬場の施工は工期がかかる。

フッ素(耐久の目安 約10年~)

特徴 耐久性を優先する方にオススメ。
長期間にわたり変退色、艶引けがなく、耐久性において最高レベル。
デメリット コストが高めで塗料も硬いものが多く、ひび割れしやすいので注意が必要です。

シリコン(耐久の目安 約7~10年)

特徴 価格と機能のバランスが良い塗料。カラーバリエーションも豊富。
デメリット 次の塗替え時期までの十分な耐久性がなく、建物を守り続けるのに不十分な場合もある。

ウレタン(耐久の目安 約5~7年)

特徴 一般的によく使われる塗料で価格と機能のバランスが良い塗料。
デメリット 耐久性が劣るので長期的な外観保持には不向き。

アクリル(耐久の目安 約3~5年)

特徴 値段が安く、定期的に塗り替えを楽しみたい方向きの塗料。
デメリット 耐久機能が有効な間は防水機能があるが、外壁を保護する塗料としてはオススメできない。

塗料の樹脂(素材)だけでもこれだけの種類があり、耐久性の目安もバラバラなことがわかります。
例えば、アクリル塗料だと1回の塗り替えにかかるコストは安いものの、耐久性が約3年から5年とかなり低いです。
また、一方で光触媒など耐久性の高い塗料は耐久性の目安は10年以上と長持ちしますが、1回の塗り替えにかかるコストも高めなのが特徴です。

壁リフォーム施工事例

まずはお気軽にお問い合わせください

ページ上部へ